スタッフブログ

0c44b2a9adc897d7307b6d773c4cba65

こんにちは。コウケンホームスタッフM.Nと申します(^^)

6月も下旬になり、ここ最近真夏級の暑さが続いていますね。
前橋市でも夕方雷雨予報があったりと、もうほとんど夏ですね!
霧雨のような雨の日もまだまだ多いので、湿気対策も頑張りたいところです。

さて、今回のブログは、アスファルト舗装工事の様子となっております。

工事内容

ご依頼いただいたT様は、太陽熱温水器を設置する会社様で、屋外に作業スペース、駐車スペースを確保したいとのご要望をいただき、アスファルト舗装工事をすることに決まりました。


工事内容は下記となっております。

1.アスファルト舗装工事
密粒アスファルトt40 (約181㎡)
下地砕石、掘削、下地調整
残土処分、重機回送
2.縁石工事(玄関前)
縁石コンクリート (約8m)


施工前

f7ee3acf37041a6dd5f751fcaee57af7
施工前の縁石と芝生の様子


縁石の下地工事の様子

e8c94c7e3c3a793437941771bcf40e15
根堀り後、砕石敷き込み、プレートランマー転圧作業の様子


完成

812df153388c93b133d67b5fdac3b6e6
アスファルト舗装縁石工事後


0c44b2a9adc897d7307b6d773c4cba65
アスファルト舗装施工後全体の様子
アスファルト舗装と芝生部分見切りのコンクリート縁石工事で今回約100万での施工となりました。

既存の芝生部分も生かしつつ、作業スペースとして新たにできたアスファルト舗装により利便性が向上しました。

アスファルトとコンクリートの違いってなに?

道路や舗装などで使用されることの多いアスファルトやコンクリートですが、2つの違いは?と聞かれたら一般的には中々答えられないものかと思います。

今回、その違いについてまとめてみました!

アスファルトもコンクリートも調べると奥が深いものですので、今回は舗装工事に重点を置いてそれぞれの特徴・メリット・デメリットをご紹介させていただきます。

もっと詳しい内容が気になる方は、このブログをきっかけに深掘りしていただけたら幸いです(^^)


アスファルトは石油などと同じ有機物で、天然アスファルト(天然に存在するアスファルト)と

石油アスファルト(原油を精製してできるアスファルト)があります。

日本では石油アスファルトが一般的に使用されています。


465f998a902c45e246808c506fc6dbe5
お庭のアスファルト舗装 施工例

a4d649c153fdacff8ff0cf1262a978fa
駐車場アスファルト舗装 施工例

アスファルトの大きな特徴としては、色は黒っぽい灰色で、常温の場合は固体、高温の場合は液体になることです。


メリットとしては、アスファルトはコンクリートに比べると柔らかく騒音も少ないといわれており、施工性も良く単価も安い傾向にあります。また、石油を原料としているため、施工後は比較的すぐ固まります。


こういったメリットを総合すると、交通インフラである道路の舗装に使用されることが納得できますね。


ちなみに、道路の舗装には砂利を混ぜた“アスファルト合材”と呼ばれるアスファルトが使用されています。



デメリットとしては、耐熱性が低く夏の日差しなどでは高温になりやすいという点や、コンクリートに比べて耐久性が低く、定期的なメンテナンスが必要という点が挙げられます。



アスファルトのメリット、デメリットを下記にまとめました。

(※コンクリートとの比較)


■■


【アスファルトのメリット】

・コンクリートと比べ柔らかく騒音が少ない

・施工が容易&単価も安い

・工期も短く、養生期間も短い

・水はけが良い(透水性があり、水たまりができない)

・凍害に強い



■■


【アスファルトのデメリット】

・耐久性や耐熱性があまりない

・劣化が早く、メンテナンスが必要

・表面温度が上がりやすい



■■

などが挙げられます。


コンクリートとは簡単に言うと、砂、砂利、水などをセメントで固めた材料です。

また、コンクリートはアスファルトと違い無機質で、強度が強く施工性の良さから様々な現場で使用されています。世界で水の次に使用されている材料とも言われているようで、それだけコンクリートは私たちの生活にとって身近な存在と言えますね。


c5d988df42d13bd137c403a0434f4cc3
コンクリート舗装の施工例


e19c93f76cd98deb27fe6acf15055824
コンクリート基礎

コンクリートの大きな特徴としては、見た目は白っぽい灰色で、使用目的によりいくつかの種類に使い分けられています。


簡単にではありますが、

・普通コンクリート(家の基礎やビルなどの構造物に使用されるもの)

・舗装コンクリート(舗装に使われるもの)

・軽量・重量コンクリート

・高強度コンクリート


などに分けることができます。



メリットとしては、施工後数十年使用されている道路なども存在し高い耐久性があります。硬くて頑丈であるという点から、重量のある物の運搬などをする場所ではコンクリートが使用される傾向にあるようです。



デメリットとしては、コンクリート舗装時に大型の機器が必要となり、施工までに時間を必要とします。アスファルトと比べ単価が高いため、道路舗装にはあまり使われません。また、固まるまでの時間も長いです。



コンクリートのメリット、デメリットを下記にまとめました。

(※アスファルトとの比較)


■■


コンクリートのメリット】

・用途により種類が様々

・耐久性や耐熱性が高い

・維持管理が容易



■■


【コンクリートのデメリット】

・固まるまで時間が掛かる

・単価が高い

走行時に騒音が発生しやすい



■■

などが挙げられます。


おわりに

今回は、アスファルト舗装工事の施工例と、アスファルトとコンクリートの特徴、メリットデメリットなどを簡単ではありますがご紹介させていただきました。

アスファルトもコンクリートも使用用途によってそれぞれの良さが発揮されるので、どちらか一方が優れているということではないと考えます。

どういったことに使いたいのか、どんなものにしたいのか、特徴やメリット、デメリットを比較検討し予算なども加味した上で一番合う方を選択していきたいですね。


外構工事のご相談、お見積りなど、まずはお気軽にご相談ください。
ご依頼お待ちしております(^^)


その他外構関連ページも是非ご覧ください♪

263ebf404277dc4335e8cdb736417f7e
↑↑↑画像をクリックでページに移動します。↑↑↑



scroll-to-top