自然素材との融合 高天井の家  群馬県 前橋市 K様邸

70accdbf4ac7890c82d8e0b3060f4c95

断熱吹付工事

IMG_1159-e1554872124133
壁・屋根断熱吹付

P7063879
基礎断熱吹付

内部完成後

リビング・ダイニング・キッチン

5e9b045db12cd4f66750308e2d093fc4
ダイニングキッチン
ダイニング側、キッチン側の両方にドアを設けることにより、ダイニング、廊下、キッチンと回遊できる家事動線となります。
b888d0ea0718fb342f7feb8ee963ef29
リビングダイニング
床材は天然無垢のナラ材、天井材は杉の羽目板材を使用しています。
2f1debd01f6bc6a8b5189357e813abb3
キッチン~リビング
キッチンからリビング全体を見渡せます。家族の動きを把握でき、コミュニケーションを円滑にする距離感が保てます。

99f21392d3c14a9a7a8564808a4fb462
【収納棚】
リビング横には、造り付けの収納棚と机があり様々な用途に使用でき、とても利便性に長けています。

22a7d24a24c5d358f7a6e96b15f0aa9c
【リビング~和室】
リビングには和室も隣接していて、ドアをすべて開けるとリビングと一体感のでるとても広い空間となります。
17fc9746397de71763e2ace39de960f5
【リビング天井】
リビングは高天井となっているのでとても開放的な空間となっています。

トイレ・洗面

c228e0339012079082ab1e85fd07310b
1階トイレ
d8c027121139b80c4370ef5e85a6b564
2階トイレ
aaef3dc9ff500e1a8c4d593c978874be
洗面化粧台

子供部屋・寝室

4501b8d48de25934415cbe8602ba1c72
子供部屋➀
f44b7a3f744cd277703f7b4902c75f15
子供部屋②
f379f5745be2e48f3c01a31a889686f7
寝室
子供部屋、寝室共に床材は天然無垢のナラ材を使用していて、一般的なフローリング材に比べ温度低下しづらく、素足でも快適に過ごせます。

ウォークインクローゼット

2510873ed14b5971b855bf5b2cc00823
【ウォークインクローゼット➀】
4762f7fb116bde77995467a577f86f39
【ウォークインクローゼット②】
124023992bc4aef9a619575b228ea816
【屋根裏収納】
ウォークインクローゼットは大きめの収納棚も並べられるとても広い造りとなっています。
また、隣には屋根裏収納があり大きな荷物の収納場所にも困りません。

廊下・階段

c49bcff012426b95fb764b3951ebcd9e
【廊下~階段➀】
1022a52d11e1e65efc026f5efc6ccda0
【廊下~階段②】
8ad4c86a3e23f37e40a4185ac9427eb7
【廊下~階段③】

外部完成後

建物外観

c552fddc2402dedb88c7eec35c0b984a
【外観➀】
外壁の南面は塗り壁の仕上げとなっています。
3b9e90d71dc04f31190442de3301e8c7
【外観②】
外壁の北・東・西は金属サイディングを使用しており、とても重厚感のある仕上がりとなっています。

玄関~庇

77ebe8b48d8ebeefbec030fa9592825f
外観③
玄関ポーチ上部の軒天は赤松の羽目板で色は玄関ドアと同じ色に合わせることにより一体感をだしています。
8c3c82d9837f4606244b0b1082488bfc
外観④
掃出し上部の庇は梁と垂木のあらわしとなっています。
こちらも玄関ポーチ上部の色と統一することにより、一体感をだしています。

ウッドデッキ

5e2d9696dd15991be76bf127c339ed4e
【ウッドデッキ➀】
3906a24904bd86299106207688fe72bf
【ウッドデッキ②】
998d804afd799f38e551d848d98638e3
【ウッドデッキ③】
be2a9948986818f350e286bd357927b2
【ウッドデッキ④】
ウッドデッキはインドネシア原産の天然ウリン材を使用しています。
ウリン材とは、別名アイアンウッドとも呼ばれとても耐久性が高い木材です。
水分、虫害等にとても強く50年以上の耐久があると言われています。
防腐剤も必要なく、定期的なメンテナンスも必要ありません。
ただ非常に硬い為、施工性がとても悪い点と施工後数ヶ月は、雨の日など水分が掛かると赤黒い樹液が垂れるというデメリットもあります。
それでもウッドデッキが完成するととても重厚感と存在感を放ち住宅全体としてのスケール感がアップします。